本NPO法人は、人権尊重、適正手続(デュー・プロセス)及び少年の健全育成の実現の視点から、国内外の刑法、刑事訴訟法、刑事政策及び少年法(以下刑事法と総称する。)に関する研究及び教育に関わる事業、刑事法の研究及び教育の推進・奨励に関わる事業、刑事法に関する実態及び意識についての調査研究事業、情報収集及び提供事業を行い、広く刑事法における人権尊重、適正手続及び少年の健全育成の趣旨、内容を広めることを目的としています。




ぜひ、本NPO法人の設立趣旨と活動内容にご賛同いただき、会員になっていただくようお願いいたします。
 
2016/10/1
2017年度守屋賞について
2017年の「守屋賞」「守屋研究奨励賞」の募集を開始しました。
詳細はこちら

2017/09/04
第5回講演会開催のお知らせ
・日時 2017年12月17日(日) 13〜17時
・会場 株式会社TKC
〒162-0824
東京都新宿区揚場町2番1号 軽子坂MNビル2階
東京メトロ・飯田橋駅 B4b出口すぐ
・講演者
広渡清吾氏(東京大学名誉教授)
ヘルムート・オルトナー氏(『ヒトラーの裁判官 フライスラー』著者)

2017/09/01
「講演録など」を更新しました
2016年12月18日開催の第4回講演会 「『改正』刑訴法とえん罪 ―第1部 司法取引―」を掲載しました。

2017/06/29
シンポジウム「年長少年に対する司法政策 『年齢引下げ』は何をもたらすか」 開催のお知らせ
年長少年に対する司法政策
■「年齢引下げ」は何をもたらすか
・日時 2017年8月26日(土)13〜17時
・場所 株式会社TKC
〒162-0824
東京都新宿区揚場町2番1号 軽子坂MNビル2階
東京メトロ・飯田橋駅 B4b出口すぐ
・参加費は無料です。

■基調報告(各20分)
 1.家裁における非行臨床
  ………村松 励(専修大学教授)
 2.少年法「改正」の歴史と検察官先議
  ………斉藤豊治(弁護士)
 3.法制審の現状
  ………武内謙治(九州大学教授)
■パネルディスカッション(90分)
 ・コーディネータ:本庄 武(一橋大学教授)
 ・パネリスト:
  川邉 譲(駿河台大学、元鑑別所職員)
  森田哲志(東京福祉大学、元浪速少年院長)
  伊藤由紀夫(家裁調査官)
  北澤貞男(元さいたま家裁判事)
■まとめ 守屋克彦(弁護士、ERCJ理事長)

 
 
Copyright(c)2013 特定非営利活動法人刑事司法及び少年司法に関する教育・学術研究推進センター All Rights Reserved.